刺身バーとは

刺身バーとは

海に囲まれた日本では昔からお刺身が良く食べられてきました。
海が近くに無いという地域でも川魚のお刺身やてんぷらを食べることが当たり前だったと思います。

 

居酒屋や和食料理店にいけば必ずといって良いほどお刺身が用意されていることからも、日本人にとってお刺身は非常に馴染み深い料理といえるでしょう。
 
そんなお刺身の新たな楽しみ方を生み出しているお店が存在します。

 

その名も刺身バーです。
刺身バーとはその名の通り、お刺身をメインに提供しているバーのことを表します。
バーといえばお酒を楽しむ場所ですから、お酒を豊富に取り揃えていることはいうまでもありません。

 

皆さんの中には、お刺身といえばビールや日本酒、焼酎を合わせるのが当然というイメージをお持ちの方はいませんか?
確かにこうしたお酒は昔からお刺身とともに飲まれてきましたから、その相性について疑う必要はありません。
しかし、刺身バーではオーソドックスなタイプのお酒以外と美味しくお刺身を楽しむ方法を編み出しているのです。

 

意外にもワインやウィスキーといった洋酒は意外なほどお刺身とよく合います。
例えば脂が乗ったトロなどのお刺身は、赤ワインとの相性が抜群なのです。
ワサビの辛みはウィスキーの香りを引き立てますし、白身魚のあっさりとした味わいには繊細な白ワインがピッタリです。

 

刺身バーはお刺身のプロたちが集まるお店ですから、こうした意外なお刺身の楽しみ方を熟知しているのです。
また、刺身バーは市場と緊密な関係を結ぶことで、通常よりもリーズナブルな値段でお刺身を提供しています。
お刺身が大好きという人やお刺身の新しい楽しみ方を知りたいという人は、ぜひ刺身バーに立ち寄ってみましょう。